総量規制対象外で審査が緩いカードローンはある?

総量規制があるカードローンの他に、総量規制対象外で審査が緩いカードローンは意外にも多数存在します。緩いと判断できる理由は、総量規制対象外のおかげで専業主婦でも申し込めるメリットがあるからです。
専業主婦は無収入ですから、総量規制に引っかかってしまい、申し込みを断られるのが一般的です。配偶者貸付という例外が存在しますが、総量規制のある業者で配偶者貸付を利用できるところは極めて少なく、条件として配偶者の同意を得なければなりませんので、契約のハードルが高めです。総量規制対象外のカードローンなら、専業主婦でも申し込めるものがよく見かけられますし、配偶者に安定収入さえあれば、同意が不要なものばかりです。
収入証明書の提出条件が緩いのも、メリットだといえるでしょう。総量規制対象外の銀行のカードローンだと借入希望額が100万円や300万円などを超える多めの融資でなければ、基本的に提出を不要とするところが多くなっています。殆どが300万円を超える場合に限定していますので、収入証明書無しで審査に通る確率がとても高い状態です。
一方で総量規制の対象になっているサービスに申し込むと、50万円を超える借入希望額であったり、他社の借入と借入希望額を合計して、100万円を超えてくると収入証明書の提出を求められます。
銀行のカードローンは低金利で審査が厳しいとされていますが、総量規制対象外で専業主婦でも申し込みやすく、提出書類が少なく済む優れた面を持ちます。