キャッシングにかかる利息の計算の仕方

お金を借りたり後払いにしている場合、利息がかかるようなものはたくさんあります。例えばクレジットカードのリボ払い、キャッシング、カードローン、質などがあります。キャッシングやカードローンでは金利が設定されており、その数値をもとにいくら利息がかかるか計算されます。1年は365日ですが、うるう年の場合は366日となります。その場合も同様に計算するのですが、例えば年利18%だった場合、元金×0.18÷365日が通常の年の1日当たりの利息です。うるう年では366日で割ることになりますので、1日あたりの利息は若干少なくなります。質の場合は月単位で手数料がいくらかかるか決定され、1日でも利用があった場合は1か月分の手数料が請求されます。クレジットカードのショッピングやキャッシング、カードローンなどの金融商品では1日単位で計算されますので、先ほどの式で出た値に利用日数をかければ手数料を算出することができます。支払い額の中から利息を引いて余った分が元金に充当されることになりますが、特に利用して最初のころは元金が減りにくいため、月々の支払額が少額で済むような返済方法の場合は特に、随時返済をしていかないとなかなか完済することができません。ボーナスが出たときなどにまとめて支払うことによって、毎月元金に充当される金額が増えていきます。また、計算は毎日0時に行われますので、22時に借りて翌日2時に返済した場合でも、1日分の手数料を支払わなくてはなりません。